株式会社エヌ・アイ・エス

採用情報
エヌ・アイ・エスの仕事

エヌ・アイ・エスの仕事

エヌ・アイ・エスの中核事業は物流、金融、ウェブなどのシステム開発です。その技術は高い評価と信頼を得ています。
ここでは、エヌ・アイ・エスの仕事の流れのほんの一部をご紹介します。

業務の流れと担当者

案件受注・要員マッチング

画像:案件受注・要員マッチング

案件ごとに必要な開発人員規模を検討し、最適なスキルを持った開発チームを決定します。

画像:営業・開発部門長
営業・開発部門長

要件定義

画像:要件定義 要件定義を行います。実装までのスケジュールや具体的な機能、またそのための課題や問題点を洗い出し解決していきます。
画像:システムエンジニア
システムエンジニア

システム設計

画像:システム設計

外部設計
要件定義をもとに外部にどのような機能を提供し、またどのようなインターフェイスを持つかを設計します。

内部設計
よりシステム内部に特化した設計を行います。

画像:システムエンジニア
システムエンジニア

プログラミング

画像:プログラミング

設計したプログラム仕様を元に、実際にプログラムを作ります。プログラミングのほか、製造、コーディング、実装と呼ぶこともあります。

画像:プログラマ
プログラマ

テスト

画像:テスト

単体テスト、結合テスト、システムテスト、受け入れテストの順に、仕様書に基づいたテストを実施します。問題点が見つかれば該当部分を修正します。

画像:プログラマ
  プログラマ

納品

画像:納品

全てのテストが完了し、ユーザー承認を得たシステムを納品します。一連の開発はここで一区切りとなります。

画像:システムエンジニア
システムエンジニア

運用・保守

画像:運用・保守

運用はシステムを実際に稼動させ続けることで、ヘルプデスク、監視や障害対応を行います。
システム運用を続けていくと、システムに対する新しい要求や仕様変更の要望が発生します。このような追加要求への対応が、システムの保守です。

画像:運用・保守チーム
運用・保守チーム